理研の高橋政代氏が会見!加齢黄斑変性の臨床手術の詳細は?

待ちわびていた一報が入りました!

理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダー

会見を開きました!

【iPS細胞】を使って、世界初の移植手術に

成功したもようです^^

どのような手術をしたのか気になりました!

こんにちは!ミエです。

STAP細胞のイザコザ?で

その名が知られた理化学研究所

STAP細胞だけではなく、

日々、様々な研究を続けており、

その中でも、学術誌の「nature」

【2014年に注目するべき5人】にも

選出された、理化学研究所の高橋政代リーダー。

やっぱりスゴイ方でした(*´ω`)

photo66

スポンサーリンク

高橋氏の研究内容は?

以前、彼女のTwitterが話題になった際に

理研の高橋政代氏。iPS細胞との関係は?夫や子供はいるの?

という記事で詳しくまとめたのですが

ココでもう一度、簡単におさらい^^

  • 大学卒業後、眼下の臨床医となる
  • 理化学研究所網膜再生医療研究開発プロジェクト』リーダー(長い!)
  • iPS細胞を用い、加齢黄斑変性の臨床研究をスタートさせていた
  •  夫は京都大学の高橋淳教授(ご夫婦揃ってスゴイ!!)
  • お子さんは二人。娘さんがいらっしゃる

高橋氏がリーダーとして活躍しているプロジェクトは

≪iPS細胞を用い、加齢黄斑変性の臨床研究≫です。

加齢により、網膜の中心にある網膜の中心=黄斑 に

障害が出て、見ようとするところが

見えにくくなるという病気の研究ですね。

高橋氏が会見した内容は?

今回、高橋氏がなぜ会見開いたのか。

iPS細胞から作った細胞を世界で初めて人体に入れる

臨床応用の手術に成功したんです!!(*‘ω‘ *)

高橋氏は≪加齢黄斑変性≫の臨床研究をされていました。

iPS細胞 = 万能細胞 を使って、病気やけがで損傷を受けた

細胞や組織を復元する再生医療の応用の研究ですね。

理研などによると、移植手術を受けたのは

滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑(おうはん)変性」という

目の難病を患う兵庫県の70代の女性。

自分の皮膚細胞に遺伝子を導入して作ったiPS細胞を使って、

網膜の働きを助ける網膜色素上皮細胞を作り、

シート状に加工して病変部に移植した。

(出典:sankei.jp.msn.com/)

photo65

(出典 www.nikkei.com/ 左・・高橋政代氏 中・・栗本康夫眼科統括部長)

iPS細胞(人工多能性幹細胞) を人体に入れる ← 世界初!!

そして、臨床応用の手術の成功

これって、治療を心待ちにしている多くの患者さんにとっては

凄く凄く、すごーーーく! 期待の持てる会見ですよね!

この手術を受けられた、70代の女性の方も

すごく勇気のある方だなって思います。

今回の手術は網膜、つまり”眼”ですからね。

自分がもし手術するとなると・・・ちょっと躊躇しちゃうかもです。

でも、医療の発展のためには、臨床研究て必要不可欠。

本当に尊敬します(>_<)

臨床手術の内容は?

どのような手術を行ったのか気になるところ。

  • 患者自身の細胞からiPS細胞を作製

  • 網膜細胞を作り、シート状にする

  • 傷んだ血管を取り出し、細胞シートを入れる ・ 成功!!(←今ココ)

photo67

(出典 www.chunichi.co.jp/)

患者自身の細胞を使うことにより、少しは抵抗なく手術を受けられたのでは?

と個人的には思いました。

他人の細胞を使うってなると、拒否反応とか出る?と

不安になりそうですしね。

そういった意味でも、

自分の細胞から作れるiPS細胞の発見って

とてつもなく、未来に希望が持てる発見のように感じてきます!!

ただ、今回はあくまでも臨床手術

経過観察も重要になりますよね。

執刀した同病院の栗本康夫眼科統括部長は会見で

「今日やるべき手術は無事に終了した。

(移植の成否は)1年後が一つの節目になるだろう」と述べた。

移植は理研の高橋政代プロジェクトリーダーが進める臨床研究として実施。

安全性の確認が主な目的で、1年間の経過観察と3年間の

追跡調査で腫瘍ができないかなどを調べる。

(出典 sankei.jp.msn.com/)

このコメントのように、臨床手術 → 患者の治療へ! とは

いかないようですね。

少なくとも3年はかかりそうな感じですね。

”安全性の確認が主な目的” とあるように、

今回世界で初めて iPS細胞をを人体に入れる臨床応用をしたのですし。

一日でも早く、安全性が確認され

心待ちにしている患者さんの治療に使われていくといいですね^^

最後に

ある意味一躍有名になった

理化学研究所。

病気やけがの治療の際には

当たり前のように病院に行ったり、薬局で薬を購入したりするのですが

一つ一つのものの研究に

高橋氏のような臨床手術や研究をしている方がいるんですよね。

photo69

そのおかげで今の医療がこんなにも発展している・・

そう思うと、このような研究を進められている研究者の方々に

すごく感謝の気持ちが湧いてきます☆

今回、手術成功の喜ばしい一報!

これからの加齢黄斑変性の治療や

iPS細胞の応用に期待が持てる

嬉しい会見が開かれて、私自身も嬉しいです^^

高橋政代リーダー。

同じ女性で活躍されているし、

やっぱり個人的に好感が持てます(*‘∀‘)

理研の高橋政代氏。iPS細胞との関係は?夫や子供はいるの?

今後の臨床手術の情報・続報にも

注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアされると喜びます(*‘ω‘ *)

Followして更新情報を確認(*‘ω‘ *)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*