ドラマHERO・2014第1話のあらすじ・感想!

こんにちは!ミエです。

今年も夏ドラマが続々始まっていますね!

今季チェックしているドラマはいくつかあるのですが、

私の中でNO.1の気になるドラマが始まりました!

木村拓哉が主演の【HERO】

気になる第1話のあらすじ&感想です!

スポンサーリンク

第1話 2014年7月14日 (視聴率26.5%)

≪あらすじ≫

とある居酒屋で食事中の久利生公平(木村拓哉)

店員に、自分は引っ越してきたばかりなど

久利生が話をしていると、店内で争う音が。

と、他の店員が客に突き飛ばされて階上から落下してくる。

どうやら、客に突き飛ばされたようだ。

久利生は、突き飛ばした客を追いかけ、

必至の抵抗に遭いながらも、何とか取り押さえた。

その頃、東京地検城西支部のメンバーは、

新たに着任する検事の話題で持ち切り。

特に、事務官の麻木千佳(北川景子)は、

新任検事とコンビを組むことになっているので、

他のメンバーから注目されていた。

そんな朝、出庁した千佳が自分の担当する検事室に行くと、

見慣れない男が腹筋の真っ最中。

唖然としてドアを閉め、フリースペースに戻った千佳に、

川尻健三郎検事部長(松重豊)が新任検事の名前がわかったと伝える。

その名は、久利生公平。この名前、いや本人をしる事務官の

遠藤堅司(八島智人)末次隆之(小日向文世)は驚きの反応。

すると、部屋から当の久利生が出てきた。

検事の田村雅史(杉本哲太)ら久利生を知らない検事たちは、

ジーパン姿に茫然。これからコンビを組む千佳は、軽い目眩を感じる。

着任したばかりの久利生は、早速取り調べを開始。

最初の容器者は、大西祐二。先日、久利生自ら取り押さえた男。

だが、大西の指紋が15年前の宝石強盗犯人のものと一致。

しかも、時効成立は3日後に迫っていた。

大西は行動事件関与を否定するが…。

▼動画▼

⇒ 第1話 予告動画はココから


待ってました!!

今季連続ドラマとして復活することが決まって

凄く楽しみにしていたドラマです☆

前作はなんと13年前!!

2001年に放送されています。

13年前て・・・そんなに経ってたんですね~

これにまずビックリでした(笑)

月日が経つのは早い…

私は結構コメディタッチのドラマが

好きな方なので、前作もとっても楽しく

全話、そして映画もきっちり見ていました。

主演はもちろん!木村拓哉

久利生公平役ですね。

photo3

 出典 matome.naver.jp/

相変わらずのカッコよさです!

13年経過したとは思えないなぁという印象。

ある意味、歳を重ねてなんというか・・

”深み” みたいなのを感じます。

ヒロインは!松たか子・・・と思いきや??

北川景子です!

麻木千佳役。

photo4

出典 matome.naver.jp/

北川景子は、「謎解きはディナーの後で」という

ドラマを見て、一気に好きになりました!

私の好きなキレイな女優さんの一人です。

てっきり松たか子が再度出演すると思っていたので

北川景子には申し訳ないけれど

ちょっとがっかりでした^^;

でも!第1話を見た後では北川景子の役も

いいな~と!

妙にしっくりくるというか・・

違和感があるだろうなと思っていたHEROの世界観に

上手く溶け込んでいたという印象でした!

第1話の感想

一番そうそう!この感じって思ったのが

『テンポの良さ』です。

最初から独特の見せ方で、一気に引き込まれていきました。

キャストが変わってどうなるかな?て思っていたけれど

違和感なく見ることが出来ました。

久利生検事も相変わらずで(笑)

その”変わらなさ”がいいんですよね。

今回一番気になっていたのは

『北川景子はなじめるのか?』という点。

好きな女優さんでもあるので

少しドキドキでしたが

正直なところ「なんかいいじゃん!」でしたね。

印象的だったのは「目力」かな。

怒りっぽいところとか、驚くところとかの演技に

引き込まれていきました。

photo5

怒った顔も可愛い(笑)

photo7

なんか睨みも可愛い(笑)

ストーリーは相変わらず楽しませてくれる展開でした!

城西支部のメンバーのやり取りも面白いし。

違和感なく溶け込んでいた印象です

photo9

 出典 matome.naver.jp/

一番驚いたのが、前作で警備員だったのに、

事務官になっていた!『井戸秀二』役の方ですね。

すごい出世! 努力家ですね(笑)

そして!『マスター』!!!!!!

もしかしたら

≪マスターのいないHEROはHEROにあらず!!≫

言えるくらい、私の中では超重要人物です。

今回の作品でもとっても楽しみにしていました^^

出てきたときは思わず「マスター!!」と叫んでしまった(笑)

森山直太朗が演じた犯人の大西役もいい感じでしたね。

この方は・・歌手ですよね?!

演技も出来るなんてズルい!!そして凄い!!

ちょっと頬がこけて痩せた?って思いましたが。

森山直太朗といえば【さくら(独唱)】を思い浮かべますが

私が彼の曲で好きなのは【生きてることが辛いなら】ですね。

じーんとくる曲の一つです。

▼動画▼

⇒ さくら(独唱)

⇒ 生きていることが辛いなら

私はドラマで出てくる訴えかけるようなテーマが好きです。

今回のHEROでは

事件に大小はない

検事の責任の重さ、”とりあえず”という考えの危うさ

というメッセージを感じました。

久利生検事が、居酒屋を手伝い?ながらしゃべっているところを

千佳が聞いているシーンですね。

photo10

出典 www.dailymotion.com/

検事が持つべき「一番大事なルール

⇒無実の人だけは絶対裁判にかけてはいけない

裁判にかけるかどうかの判断をする検事だからこそ

このルールは忘れちゃいけないんですね。

こういう久利生検事の言葉一つ一つに

これから千佳がどう変わっていくのが見ものです。

終盤の事件解決のテンポと、

面白さはさすがHEROという感じでした。

起訴状をもって裁判所へ走る末次さん(笑)

思わず「頑張れ~~~!!」と応援してしまいました。

時効ギリギリ10秒前ぐらいで受理される奇跡!!

初回は90分の拡大版だったけれど

あっという間に時間が過ぎてしまいました。

それだけ夢中になったという証拠ですね。

最後に

期待していたHERO 2014年版!

期待通り楽しく見ることが出来ました。

第2話も楽しみに!

視聴率も今年最高の26.5%!!

2話の視聴率がどうなるか!?

これも注目ですね。

そして。

photo12

【Special Thanks  児玉 清】

なんかちょっぴり感動しました^^

【関連記事まとめ】

⇒ こちらに関連記事を一覧にまとめました!!

(あらすじ&感想や、番組内で取り上げられた

トレーニングマシーンなど)

※随時更新中

スポンサーリンク

シェアされると喜びます(*‘ω‘ *)

Followして更新情報を確認(*‘ω‘ *)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*